About us -法政アクアとは-

法政大学アクアダイビングクラブは、
1964年に創部された、法政大学 "公認"のスキューバダイビングサークルです。

活動内容

年に4回の合宿をし、日々合宿に向けたトレーニングをしています。

潜る場所

例年から行くと、5月終わりに1年生がライセンスを取るOW合宿と、8月終わりにアドバンス講習(※1)をやる夏合宿は、西伊豆の安良里で行っています。この二つの合宿で、基礎を固めます。 そして、11月の秋合宿では、八丈島などの離島での合宿を行い、ナビゲーションに重点を置いたダイビングを行います。 1年間の締めくくりとなる3月の春合宿では、沖縄や海外などに行き、思いきりファンダイビング(※2)を楽しみます。過去に沖縄の座間味諸島、フィリピン・セブ、パラオ、グアム、サイパン、タイ・タイ島に行っています。
  ※1 ナビゲーションの基礎、ボートダイビング、ナイトダイビングを行う講習のこと。
  ※2 特に講習目的はなく、楽しむことに重点を置いたダイビングのこと。

日々の活動

週1回のプール練習を行っています。泳力向上を基本とし、シュノーケルやフィンの使い方を練習しています。 また、必要に応じて、ミーティングを行っています。

バックアップ

スキューバダイビングはけっこうお金がかかります。 それを助けるものとして、クラブで保有している重器材(レギュレーター・BCD)の貸し出しがあります。 また、器材の購入費用や、合宿の費用なども、長年培ってきたノウハウを生かして出来る限り抑えるようにしています。そして、ダイビング業界で活躍しているOBもたくさんいるので、将来ダイビングに関係した仕事をやりたい人も待っています!

連絡先

トップページの一番下に連絡先が載っています。